【どっちにする?】SWELLとSANGOの違いを5つの項目で徹底比較!

【どっちにする?】SWELLとSANGOの違いを5つの項目で徹底比較!

人気のWordPressテンプレート(テーマ)「SWELL」「SANGO」を5つの項目で比較してみました。

この記事では、WordPressテンプレート選びの基本となる「1.料金」「2.操作性」「3.デザイン」「4.カスタマイズ性」「5.サポート」を徹底比較しています。

両者のメリット・デメリットを10サイト以上運営した経験をもとに紹介するので、どちらで運営しようか迷っている方の参考になれば幸いです。

目次

「SWELL」と「SANGO」を5つの項目で比較しました!

1.料金で比較購入価格で比較してみました。
2.操作性で比較初心者でも扱いやすいか比較してみました。
3.デザインで比較「カッコイイ」「おしゃれ」「柔らかい」など、デザインの豊富さで比較しました。
4.カスタマイズ性で比較デザインをどれだけカスタマイズできるかで比較しました。
5.サポートで比較サポートやマニュアルを比較してみました。

上記の5つの項目で、SWELLとSANGOを比較してみました。

知りたい項目からチェックできるように、クリックして飛べるようになっています。

1.「SWELL」と「SANGO」を料金で比較!

SWELL(WordPressテーマ)の基本情報
※税込み価格SWELL
SWELL(WordPressテーマ)の基本情報
SANGO
swelltop画像
購入代金1万7,600円1万4,800円(通常)
1万4,000円(ConoHa WINGのWINGパック)
複数サイト使用
オプション・追加料金追加費用なし追加費用なし

料金はSANGOが安いです。

3,000円ほど安くなっており、料金面を最優先に考えるなら、SANGOを使うのがおすすめです。

料金面を重視するならSANGO。

2.「SWELL」と「SANGO」を操作性で比較!

※税込み価格SWELL
SWELL(WordPressテーマ)の基本情報
SANGO
swelltop画像
評価
ブロックエディタ対応
当サイト独自評価扱いやすさはNO.1
初心者が扱いやすい
初心者でも扱いやすい
SWELLより操作できる範囲が狭い

操作性はSWELLとSANGO両方とも良いです。

両テーマともに、ブロックエディタに対応しています。

SWELLは複雑なデザインもカンタンにできる

SWELLは数クリックで複雑な操作もできるWordPressテンプレートです。

難しいデザインを簡単に呼び起こせるので、初心者でも上級者のようなサイトが完成します。

SWELLの操作性
  • ワンクリックでいろんなデザインが表現できる
  • ブログパーツで保存できる
  • 広告タグでテキスト・バナー・ランキング型の広告を管理できる
  • ボタンリンクが作りやすい
  • 表の中のデザインがしやすい

→初心者の人でも難しい機能を簡単に使える。

SWELLの操作性はナンバーワンだと個人的には思っています。

操作に困りたくない方は、SWELLを使うと良いでしょう。

SANGOは機能が絞られていてカンタンなテーマ

SANGOも操作は比較的カンタンなテーマです。

「使える操作が限定されるので、結果的に簡単になっている」と言え、デザインの多彩さにこだわらない場合はSANGOを使うと良いでしょう。

SANGOの操作性
  • ブロックエディタ対応
  • 機能は若干絞られている
  • SWELLと並んで、使いやすい

SWELLの方が使える機能がたくさんある。ただ、初心者ブロガーにとっては、どちらも扱いやすいテンプレート。

3.「SWELL」と「SANGO」をデザインで比較!

※税込み価格SWELL
SWELL(WordPressテーマ)の基本情報
SANGO
swelltop画像
評価
デザインの印象カッコイイ
シンプル
柔らかい
やさしい
当サイト独自評価シンプルかつかっこいいデザインができる
見やすいブログが簡単にできる
やさしいイメージのサイトができる
デザインの幅はそこまでない

SWELLとSANGOをデザインで比較しました。

デザイン面は、SWELLの評価を高めにしています。

SWELLのデザイン例

SWELL記事装飾画面

SWELLの記事執筆画面では、上記のデザインが表示されます。

入りきらないぐらいの装飾があり、初心者には十分過ぎるほどの数があります。

上級者でも満足できるほどの量です。

【SWELLデザイン例】

SWELLはどんなテーマですか?

初心者でも操作しやすく、デザイン性も豊富なテーマです。

SANGOはどんなテーマですか?

無料で人気のあるテーマです。

WordPressテンプレートの重要性

操作性が大事です。ここでお金をケチると、ブログ人生を左右するので、初心者でも扱いやすいテンプレートを選びましょう。

初心者が操作しやすいテーマです。

上記がSWELLで実現できるデザインの一例です。

デザイン面を追求すれば、複雑なデザインも完成します。

記事のデザインという点では、トップクラスのデザインだと言っていいでしょう。

SANGOのデザイン例

sangoのデザイン例

SANGOのデザインはそれなりに多彩です。

ただ、SWELLほどではなく、ブログ運営歴が長くなれば、SWELLのデザイン性が優れていると感じるでしょう。

  • SWELL:デザインできる箇所や記事装飾が豊富
  • SANGO:記事装飾はある程度できるが、SWELLほどではない

記事の見栄えを重視するなら、SWELLとなります。

デザインはSWELLが豊富!

4.「SWELL」と「SANGO」をカスタマイズ性で比較!

※税込み価格SWELL
SWELL(WordPressテーマ)の基本情報
SANGO
swelltop画像
評価
カスタマイズ性
当サイト独自評価デザイン・機能面のカスタマイズ豊富
上級者も満足できるレベル
カスタマイズできる範囲はやや狭い

カスタマイズ性はSWELLが上回っています。

SANGOはSWELLと比較すると、初心者が設定できる箇所は少ないです。

  • SWELL:カスタマイズ性抜群、初心者でも比較的簡単にできる
  • SANGO:カスタマイズできる部分が少ない(初心者は。プログラミングの知識があれば可能)

操作性やデザインなど、料金面以外の部分はSWELLが強いです。

SANGOは限られた機能をサクサク使う形になります。

SWELLはカスタマイズ性も抜群。

5.「SWELL」と「SANGO」をサポートで比較!

※税込み価格SWELL
SWELL(WordPressテーマ)の基本情報
SANGO
swelltop画像
評価
マニュアルの有無公式サイトにマニュアルあり
フォーラムあり
公式サイトにマニュアルあり
フォーラムあり
メール対応の有無なしなし
当サイト独自評価公式サイトのマニュアルは見やすい
ネット上の情報も多い
公式サイトのマニュアルあり
フォーラムあり

SWELLとSANGOのサポートは、マニュアルとフォーラムです。

メールサポートがないため、評価は「4」としました。

SWELLはマニュアルの情報が豊富

SWELLはマニュアルが公開されています。

また、ネット上に情報が多いです。

ネットに情報が多いと
  1. Google検索で調べる
  2. いろんな記事に解決策が載っている
  3. 自分に合った解決策が見つかる

公式サイトとマニュアルで、ほとんどの操作が解決できます。

メールサポートはありませんが、疑問を解決しやすいWordPressテンプレートです。

SANGOはフォーラムが公開されている

SANGOはフォーラムが公開されています。

操作方法に関する質問や答えが公開されており、購入前に確認できるのが魅力です。

SANGOのサポート
  • マニュアルが完備
  • フォーラムが公開

ネット上の情報はSWELLより若干少ないです。

ただ、マニュアルとフォーラムで、操作に関することはほとんど解決するでしょう。

SWELLもSANGOもサポートは十分。

「SWELL」をおすすめの方はこんな人!

  • 初心者でも綺麗なデザインのブログを作りたい人
  • サクサク記事執筆したい人
  • 困ったときに解決策がすぐ見つかるテーマが良い人

操作の快適さやデザインの豊富さを求める人には、SWELLが向いています。

SWELLは上級者並みのデザインを素早く作れる点がメリットです。

「SANGO」をおすすめの方はこんな人!

  • デザインやカスタマイズの幅が小さくて良い人
  • SWELLより安いWordPressテーマが良い人
  • 自分である程度のカスタマイズができる人

SANGOはカスタマイズできる幅が小さいので、自分である程度カスタマイズできる人におすすめです。

SWELLよりデザインの幅を限定されても、料金を抑えたい人に向いてます。

まとめ

今回は人気のWordPressテンプレート「SWELL」「SANGO」の違いを5つ紹介してきました。

どちらも性能が高いWordPressテーマですが、以下のような違いがあります。

SWELLとSANGO
  • 料金:SANGOが安い
  • 操作性:SWELLとSANGO両方とも扱いやすい
  • デザイン:SWELL・SANGOともに豊富
  • カスタマイズ:SWELLが優れている。SANGOはカスタマイズが難しい
  • サポート:どちらも同じ程度

→操作性・カスタマイズ性。・デザインならSWELL、料金ならSANGO

SWELLとSANGOを比較・検討する方も多いのですが、実は「SWELL」「THE THOR」で比較する方が多いんです!

詳しくは「【どっちがいい?】SWELLとTHE・THORの違いを5つの項目で比較!」にまとめましたので、気になる方はぜひ読んでみてくださいね。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次